社員紹介

採用情報 > 社員紹介 > 小林至

コンサルティング本部 トレーディンググループ トレーディングスペシャリスト

小林至

トレーディンググループでは、どういう仕事をされるのですか?

営業が受注した案件のうち、ネット広告配信をデータを用いて運用しています。私は前職が広告の配信媒体自体を作っている会社で、営業から広告配信まで自分で行っていましたので、転職して業務的には広告配信に特化した形です。自社の商品だけでなく、自分が扱えるサービスを増やしたり、いろんなことができるようになるというのに惹かれて、今年2017年の5月に入社しました。

トレーディンググループは3人の組織で、他の2人は30代なので26歳の私は若手ですね。前職は1年半勤めて、転職は迷いましたが、当社のサービスが業界内でも優位性が強くかねてから注目もしていて、将来性を感じて移りました。

簗島さんのパイオニア感はやはりすごいですね。他社でできていないものがいつの間にかパッと完成されていることがよくあります。「これ、できないんだよね」と仲間内で話していたようなことがゼロベースからできるようになっていたり。そうした、簗島さんのやられている一番先端的なことがもっと汎用的にできるようになれば、さらにDMPの使い道も拡がっていくと思います。

日々のお仕事の様子を教えてください。

コンサルティング本部の中にDMPグループとトレーディンググループがありますが、仕事上の接点が多いのはDMPグループと営業本部です。DMPグループとはDMPを使った技術的な話、営業本部とは私たちが配信する時の設定の話や、個々のお客様の案件についての話をする感じです。DMPグループと違って営業同行はせず、営業担当者を窓口として案件に対してのプランやアドバイスをお渡しして、また話してきてもらっています。ほぼ内勤ですね。

関わっている案件数はグループで80件ほどですが、3人のメンバーのうち1人はマネージャなので、1人40件ほどを担当しています。まだ余裕はありますが、営業が増員されてきているので、広告配信の案件数も上がっていくでしょうから、すぐにきっと忙しくなりますね。

インティメート・マージャーでどのような力をつけていきたいですか?

今までは前職を含めてもWEB広告の一部にしか携わってきていないので、自分のできる範囲をもっと広げていきたいですね。トータル的にサポートやプランを見られるようになりたいです。まだ入社して4ヵ月ですが、長くここに勤めて経験値を深めていくことを考えています。まず、この半年から1年では、自分が携わっている配信用媒体の取り扱いや最適なプランなどを最大限極めるというか、きちんと運用できるようになりたいです。

ここでの広告の仕事の面白さは、営業の人と一緒に考えて、こうしたらできるかもとプランを作って、うまくいくと面白いですね。それでお客様に喜んでいただけるのも、単純にうれしいことです。他の代理店などでは、営業担当が一人で考えることが多いのではないでしょうか。一緒に自社のテクノロジーを使ってどこまでできるかなど考えられるのはいいですね。

やりがいを感じられるのは?

当社でしかできないことがあって、そうした運用などをやらせてもらえることにはやりがい感じますね。入社してすぐから、大きい案件に携わらせてもらったり、責任を持たされて任せてもらえているのも、通常はなかなかないことではないかと思ったりします。業務的には、前職での経験もあり、周りのバックアップ、フォローもいただけるので不安はありません。グループのほかの2人やDMPグループのチームも一緒になってフォローしてくれるなど、周りからの見守りや気遣いは感じます。

成長途上の会社ですが、前職もベンチャーではあったので、そこにも不安は特にありません。DMP市場はこれからどんどん大きくなっていくと思うので、最先端のところにいられるのは喜びですね。

インティメート・マージャーで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加